スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すいません

2009/09/07 19:21
>一年もお待たせしてしまって申し訳なく思います。
行動しろよと言う話なのですが、今が本当に人生で一番忙しい時期なので、遊んでるわけでもなく、コレが落ち着くまでお待ちください。

必ず、発送しますので。

信用も失ってるとは思いますが、すみませんがひらにご容赦ください。

事情を描いても言訳にしかなりませんから、事情は描きません。
個人的な事情など、どうでも良いことでしょうから。

とりあえず、ちゃんと発送しますので! 
その点は、ご理解ください。

あまうさ 設定 その1

2009/09/04 19:20
世界観について?

あまうさの舞台は、月面基地リシアンサスです。
最初は、リシアンサスについて、描こうかと思いましたが、バックボーンの世界観に触れるべきか?
書き始めると文章量が、とんでもないことになってしまうので迷うところです。
実際、DSvision版の1話を読むと、地球と火星の関係がよく見えると思います。書籍版ではそこまでギリギリ届いていないと思いますが、なぜか一部から絶大な人気のある我らがムーレイン司令の一言から、火星と地球の立ち位置については、わずかながらにかいま見えるのではないかと思っております。

pixivなどのイラストSNSでムーレイン司令の御姿描かれた絵が投下されてますしねぇ。不思議不思議。

書籍版では、そこまで触れていないのでここでネタバレをするわけにも行かず、難しいところです。

なのでちょっと木星について、描こうと思っております。DS版書籍版でも、ちらっと、触れてはいますが木星のガニメデやイオなども歴史が古く、国家としては、実は火星以上に歴史があったりします。ただし、地球から距離が離れているため、首都としての機能を火星に譲った形になっております。
木星は、自由貿易の港として、沢山の商人がそこを拠点にしている感じですね。

外宇宙から来訪する、異邦人(ストレンジア)などもまずは木星で骨休めをするような感じとなっています。

リシアンサスについてですが、2巻のグランドエピローグ2で、多少触れられているので、どこまで描くべきなのか迷うので、少し保留します。

今回はこんなところで――

ああ、そうそう。北海道は札幌の紀伊国屋では、なぜか『あまうさ』が話題の本として平積みされているそうで、話題? いや、売れてくださいマジで。

パロディー

2009/09/03 03:24
あまうさewsa

まずは、コレをご覧ください。

そして、サムネをクリックです。

浮動街のHayato_ssさんが、書いてくださいました。
面識のない方にこうして描いて頂けるのは、ありがたいことです。
うそうさ

実に、見事なパロディーです、本当にありがとうございます。

あまうさ完売祈願

2009/09/02 10:47
完売祈願

Uppish Sanatorium(アピシュ サナトリウム)さまが、玉兎で『あまうさ』の完売祈願をしてくださいました。
愛らしい玉兎をありがとうございます。

とりあえず、売れてくれることを祈って、厄をはらってくれております。

なんか、最近、ほんと、わたしを含め、わたしの回りの人たちがろくな目にあっておらず、厄年なんじゃないのかと思ってしまうところ。

もしかしたら、儂は疫病神? orz 悪い考えは止めましょう。

U.Sa(うさ)さま、本当に、ありがとうございました。m(_ _)m

あまうさ 発売!

2009/08/31 04:29
あまうさ表紙

『あまうさ』ついに今日、発売です。

内容について今更触れるより、ブログの方では、世界観やメカ設定などに触れていこうか? と思っております。
そう言った設定には、興味があるのではないかと思いますので――
ただ、編集さんから止めろと言われたら、止めることになるので、いつまで描けるか不明ですが――

次の日記から、徐々に書かせて頂きます。よろしくお願いします。


ああ、それと大変嬉しいことなのですが、十七段雑記さまが『あまうさ』の感想などを書いてくださいました。
全く接点の無い方から、こうして感想をいただけるのは、本当に光栄なことです。
心から感謝します。
一応、最後までの構成は完成しており、怒濤の展開が待ち受けております。

『あまうさ』を最後まで書けると嬉しいですけど――

これはみなさまの応援次第です。
2巻はみなさまを圧倒させる怒濤のまくりが待っていることでしょう。
4巻以降描きてー!(DSvisionでは3巻まで発売予定であります。)

それから萌えっとうぇぶさまが、『あまうさ』の告知をしてくださいました。こちらも感謝です。

本当に、様々な方に支えられて、あまうさは、こうして出版されました。
わたし一人の力などではなく、本当に何十人、何百人の方に支えられて、こうして形になったのだと実感しております。どうか、応援してやってくださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。