スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一分で書く日記 26

2009/03/21 03:44
4400  & Numb3rs

4400が今日で終わった。(泣
と言うか、まだ、2シーズンもあるのに最後までやらんのかい!
そりゃ一段落ついたと言えばついたけど、複線張りまくりやん。
しかも何一つ解決してないし。すっげー、中途半端。
なに、この、なに? この投げっぱなしジャーマン。

アメリカじゃ、あと2シーズン放送してるから、本来ならまだ続くんだよね。
地上波放送は、もう終わったけど――

でも、面白かった。というか、日本じゃ、こういう発想のドラマは絶対作れないです。
続きは、DVDを買えってことかしら?
クオリティーも高すぎでした。というかこれ日本のゴールデンでやったら、まぁ、月9レベルのドラマじゃ、端から勝負になりませんわねぇ。
お金のかけ方も違うし、うかつにやれませんわ。

そら深夜にやるわな。


でも、来週からやる――

NUMBERS 天才数学者の事件ファイル

http://ja.wikipedia.org/wiki/NUMBERS_%E5%A4%A9%E6%89%8D%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB


wikiより一部抜粋、ここから――

NUMBERSと数学

コンサルタントとして、複数の数学者が各エピソードで協力している。[1] 番組内で提示されている数学は現実のものである。黒板上の方程式は正しいもので、各回の番組内の状況に実際に適用できる。このことは、現役の数学者によって認められている。たとえば、次の記事を参照。米国数学協会発行の記事 "Numb3rs gets the math right"さらに、Math Gamesの1月21日号におけるEd Pegg, Jr.による関連する問題の議論、ベイジアン探索理論、グラフ理論、組合せ数学などについて。しかし、数学者コンサルタントの中には、数学の使い方や、各場面のコンサルタントのまとめ方の不足など、各話の制作について懸念を示している者もいる。加えて、女性数学者の描写、そしてチャーリー・エップスと大学院生アミタ・ラマヌジャンとの関係の不適切な描写も挙げている。

FBIへの協力では、チャーリー・エップス教授は番組内で(主に)次の数学分野の理論を適用した。暗号解読、確率論、ゲーム理論、偏微分方程式、決定理論、グラフ理論、データマイニング、そして天体物理学。

アメリカの数学教師は、番組内のエピソードを教材として使用している。これはアメリカ国内の法医学ブーム(そのきっかけはCSI:科学捜査班などの番組)にあわせたものである。[要出典] テキサス・インスツルメンツと数学教師評議会は We All Use Math Every Day 教育福祉計画を作成した。そこでは、次回のエピソードで使用される内容の概念に基づいた教材を教師に提供している。

抜粋 ここまで――

すっげー面白そう……。
日本じゃ、こういう発想でドラマ作れないだろうなぁ。

たとえば、キイナみたいな、抱腹絶倒な低レベルギャグドラマが真面目に放送される当たり、日本のドラマってどれだけ低レベルなドラマしか作れないのだろうとつくづく思い知らされる。

日本の役者のクオリティーが低すぎるのか、それとも制作スタッフのクオリティーが低すぎるのか。それとも予算が低すぎるのか……。

まぁ、全部なんだろうねぇ。

せめて、Xファイルぐらいの発想力とクオリティーのドラマが作れるようになると良いなぁ、と思う。

でも、相棒とか、おみやさんとか見るんだけどね。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。