スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックオフも『あまうざ』

2009/09/13 05:37
あまうざ

先日の日記をあげたら、報告が来ました。ブックオフオンラインも書名が間違ってたりします。
何で、間違えるんだろうね? 現物があってタイトル見れば分るヤン。と思うのは素人考えなのでしょうか?

こうなったら、間違ってるところ、全部チェックしてやろうか?

そんな暇あったら、通販して、たまってる原稿を書け?

しかりごもっともです。m(_ _)m

Yさん、3巻描いてますよ~。
スポンサーサイト

アマゾンと紀伊國屋

2009/09/12 05:20
アマゾン紀伊國屋の書名が『あまうざ』になっておりました。

とりあえず、現在は修正がすんでいるわけですが、自分の著作物のタイトルが間違えられてるのは結構ショックでした。
どちらか一つだけなら、それほど気にもならなかったのですが、アマゾンさんは大手なだけに、まぁ、あまうさ、アマゾンで検索かけても普通に出てくるので、問題はないとは思うのですけどね。

他の作家さんも、似たような経験をされたことがあるのかしら、ああいうのって、どういう気持ちになるんでしょうね。

他のネットショップで、ミスされてないと良いんですけどねぇ。
全部チェックすることもできませんし。

もしかしてそれが売上げに影響してることがあったら、と考えると不安です。

H-2B 打ち上げ成功!

2009/09/11 03:27
無事に打ち上げ、おめでとう!
今後も日本の宇宙開発が進むと良いですね。

もっと、日本も宇宙開発に力を入れてくれると良いのですが。
でも、予算がないから厳しいのかなぁ。
これで日本の有人飛行計画に拍車がかかると良いのですけど。

とにかく、おめでとう!

ミソギバライ収録のお話

2009/09/10 07:50
幻想卿ミソギバライ収録のお話 その1 霊夢

収録そのものは、結構な長丁場になってしまいました。
とむそおやさんも、おっしゃっていたのですが、現場はとても熱うございました。

クーラーの音をマイクが拾ってしまうため、クーラーを切っての収録。
ミキサー室は、クーラーが利いているので、その苦労がわかりにくい。
音響監督さんは、そこら辺気がついていたので、こまめに休憩を挟んで声優さん達に気を遣われていました。
ガスガス削れる声優さん達の体力。

休憩時に少し入れてもらいましたが、凄い熱気でした。

この中で、あれだけ中村さんは声を張り上げてたのかと思うと頭が下がる想いです。
ミソギバライの中で、霊夢は終始ツッコミ役にテッしていたので基本叫ぶことが多かったのですね。

ボケ役は、割と叫ぶことは少ないのですが、ツッコミは、指摘する以上叫ぶことが多くなるわけです。
よくよく考えたら、あの面子だとツッコミは、霊夢しかいないわけで、中村さんの負担も大きかったことでしょう。

ただ、その分、霊夢には魂が籠もったような気がします。

下田さんの萃香や長谷川さんの射命丸もはまり役だったと思いますが、中村さんの演じた霊夢は、主役をどっしりと存在感のあるものにしてくれたと、思っております。

賛否両論あることは分っておりますが、このドラマCDでのキャストミスは、無かったんじゃないかなぁと思っております。

ちなみに、中村さんの演技ですが、ラストシーンの絶叫が、一番好きです。

次は、射命丸について描きたいと思っております。

あまうさのジャンル

2009/09/08 02:37
といっても、内容のジャンルのことではなく――

書店によっては、文芸書のスペース、コミックのスペース、BLのスペース、雪風の最新作『アンブロークンアロー』の隣(SFとして見てくださってることは、本当にありがたいことです。)などに置かれているらしく。

この小説のジャンルは何? と、わたしだけでなく、小首を傾げる結果になっております。

自分としては、ラノベのつもりなのですが、どうやら書店的に「なに? この本」と言う事態になっているみたいです。
こんなんで、売上げ上がるのかしら? 

サイズから見てみると、SF文芸書で良いのかしらね? なににせよ、一つ分っていることがありまして、ラノベの棚には一切置かれていないそうで、ラノベではないらしいです。

あれ~~? おっかしいなぁ……。

すいません

2009/09/07 19:21
>一年もお待たせしてしまって申し訳なく思います。
行動しろよと言う話なのですが、今が本当に人生で一番忙しい時期なので、遊んでるわけでもなく、コレが落ち着くまでお待ちください。

必ず、発送しますので。

信用も失ってるとは思いますが、すみませんがひらにご容赦ください。

事情を描いても言訳にしかなりませんから、事情は描きません。
個人的な事情など、どうでも良いことでしょうから。

とりあえず、ちゃんと発送しますので! 
その点は、ご理解ください。

あまうさ 設定 その1

2009/09/04 19:20
世界観について?

あまうさの舞台は、月面基地リシアンサスです。
最初は、リシアンサスについて、描こうかと思いましたが、バックボーンの世界観に触れるべきか?
書き始めると文章量が、とんでもないことになってしまうので迷うところです。
実際、DSvision版の1話を読むと、地球と火星の関係がよく見えると思います。書籍版ではそこまでギリギリ届いていないと思いますが、なぜか一部から絶大な人気のある我らがムーレイン司令の一言から、火星と地球の立ち位置については、わずかながらにかいま見えるのではないかと思っております。

pixivなどのイラストSNSでムーレイン司令の御姿描かれた絵が投下されてますしねぇ。不思議不思議。

書籍版では、そこまで触れていないのでここでネタバレをするわけにも行かず、難しいところです。

なのでちょっと木星について、描こうと思っております。DS版書籍版でも、ちらっと、触れてはいますが木星のガニメデやイオなども歴史が古く、国家としては、実は火星以上に歴史があったりします。ただし、地球から距離が離れているため、首都としての機能を火星に譲った形になっております。
木星は、自由貿易の港として、沢山の商人がそこを拠点にしている感じですね。

外宇宙から来訪する、異邦人(ストレンジア)などもまずは木星で骨休めをするような感じとなっています。

リシアンサスについてですが、2巻のグランドエピローグ2で、多少触れられているので、どこまで描くべきなのか迷うので、少し保留します。

今回はこんなところで――

ああ、そうそう。北海道は札幌の紀伊国屋では、なぜか『あまうさ』が話題の本として平積みされているそうで、話題? いや、売れてくださいマジで。

パロディー

2009/09/03 03:24
あまうさewsa

まずは、コレをご覧ください。

そして、サムネをクリックです。

浮動街のHayato_ssさんが、書いてくださいました。
面識のない方にこうして描いて頂けるのは、ありがたいことです。
うそうさ

実に、見事なパロディーです、本当にありがとうございます。

あまうさ完売祈願

2009/09/02 10:47
完売祈願

Uppish Sanatorium(アピシュ サナトリウム)さまが、玉兎で『あまうさ』の完売祈願をしてくださいました。
愛らしい玉兎をありがとうございます。

とりあえず、売れてくれることを祈って、厄をはらってくれております。

なんか、最近、ほんと、わたしを含め、わたしの回りの人たちがろくな目にあっておらず、厄年なんじゃないのかと思ってしまうところ。

もしかしたら、儂は疫病神? orz 悪い考えは止めましょう。

U.Sa(うさ)さま、本当に、ありがとうございました。m(_ _)m
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。